スポンサードリンク             

アパート


私が普段お勧めしているアパート投資ですが、
不動産会社においては去年2007年はブームと呼べるほど
新築アパートについての問合せが多かったそうです。
また新聞や雑誌でも大きく取り上げられる機会が増え、
ますます注目を集めている様子が見られます。
ただ、建築の確認申請の遅れがあり、
なかなか建物自体が完成が先送りされ、
必然的に物件は少なくなっており、
いい物件になるほど競争率が高くなっています。

日銀のコメントなどから判断すると、
今年も金利は上がりそうになく、
しばらくは不動産投資を考えている人には
借り入れ利率などの点でも有利なのではないかと思われます。

ただ実質としては、原油高で建設コストがあがり、
利回りはこれからも低下していくことが予想されますし、
アパートを供給する側の経営努力にもよるでしょう。
投資をしていく側もしっかりと準備し、
機会をうかがっていきたいものですね。

いずれにしても
アパート投資、不動産投資にはいい時期のようです。
金利上昇によるインフレが来る前に
持てるものならなるべく多く所有したいものです。
もちろんいい物件だけですが。

今年も勉強をつづけ、ますます豊かな不動産投資ライフを
築きあげていきた

不動産投資に先立って

不動産投資において、何が一番重要なのだろうか。

物件選び、銀行融資戦略、キャッシュフロー計画、

良き不動産業者、それとも感覚・・・

精神論を重視する方は、「ビジョン」と言うかもしれない。

または「願望」「夢」「信念」など

いい言葉はたくさんある。




しかし現実はどうだろうか。

やはりすぐに用意できる自己資金があって初めて

不動産投資の土俵に上がることができる。

自己資金の額で、購入する不動産の選択肢が決まる。

金融機関の融資担当者のやる気も決まる。

そしてこれから目指すべきビジョンも描けるのだ。



ただその前に、どのくらい不動産投資で稼ぎたいのか

を明確にしておくことも大事だろう。

そこから逆算して用意すべき自己資金額が算出されてくる。



つまるところは、

どのくらい不動産投資で稼ぎたいのか

を決めることが最優先事項なのかもしれない。



節税対策で不動産を持つという以外は、

不動産投資において、

どのくらいの収益を期待するか

をはっきりと認識すべきだろう。



スポンサードリンク             

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。