スポンサードリンク             

不動産投資に先立って

不動産投資において、何が一番重要なのだろうか。

物件選び、銀行融資戦略、キャッシュフロー計画、

良き不動産業者、それとも感覚・・・

精神論を重視する方は、「ビジョン」と言うかもしれない。

または「願望」「夢」「信念」など

いい言葉はたくさんある。




しかし現実はどうだろうか。

やはりすぐに用意できる自己資金があって初めて

不動産投資の土俵に上がることができる。

自己資金の額で、購入する不動産の選択肢が決まる。

金融機関の融資担当者のやる気も決まる。

そしてこれから目指すべきビジョンも描けるのだ。



ただその前に、どのくらい不動産投資で稼ぎたいのか

を明確にしておくことも大事だろう。

そこから逆算して用意すべき自己資金額が算出されてくる。



つまるところは、

どのくらい不動産投資で稼ぎたいのか

を決めることが最優先事項なのかもしれない。



節税対策で不動産を持つという以外は、

不動産投資において、

どのくらいの収益を期待するか

をはっきりと認識すべきだろう。



スポンサードリンク             
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。